カードローン審査で勤続年数はどれくらい影響がある?

 

『勤続年数が短くて不安』

 

『転職したばかりだけどカードローンは使える?』

 

と勤続年数を気にする方は多くいらっしゃいます。

 

カードローン審査での勤続年数の影響度合いをお教えしましょう。

 

・勤続年数は実は審査基準においてとてもウェイトが高い

カードローンに申し込んだ時には、申し込みの際に数々の情報を入力すると思います。

 

勤続年数は数ある項目の中で、職業、借入先件数と並んでトップ3に入る審査で重要視される項目です。

 

居住年数や持ち家の有無など細かく聞かれますが、基本的にはこの3つでスコアリング審査の大半の点数を占めています。

 

・勤続年数が短いと審査に通らない?

カードローンの審査は全ての項目の総得点で決定します。

 

勤続年数が短くても、他の項目で挽回すれば審査に通る可能性はあるでしょう。

 

全体の点数が足りていれば、勤続年数の点数の低さをカバーする事が可能です。

 

・借入先件数を少なく

他の項目をよくすると言っても、職業を変えるのは現実的ではありません。

 

一番簡単なのは、借入先件数を減らすことです。

 

借入先件数が無ければ、勤続年数が短くても比較的審査に通してくれます。

 

おまとめローンや借り換えなどで、借入先件数を絞り、スコアリング点数をアップさせてから挑んでください。

 

カードローンにおいて勤続年数は重要ですが、全てではありません。

 

勤続年数が短いのであれば、他の項目を改善して挑みましょう。